スマホ/PC関係なく、便利に使えるツール/アプリを本サイトでたくさん公開していきます!是非各ツール/アプリにブックマーク/ホーム画面追加をお願いします!
⇒ 本ブログの詳細/作者プロフィール/連絡先はコチラ!
⇒ 本ブログは複数のテーマ(色)を持った階層構造になってます!詳しくはコチラ!
ツール全般 健康系ツール
  1. ホーム
  2. 〇自作webツール
  3. 健康系ツール
■注目記事一覧

余命(〇〇年後に死亡している確率)/各年齢での死亡確率 判定,グラフ化ツール

身長偏差値判定ツール!年齢を考慮した身長偏差値が判定可能!

体型(BMI)偏差値判定ツール!上位何%か判定し、グラフ化します!

ダイエット/体重変化シミュレーション・予測グラフ化ツール!

文字数カウントツール!リアルタイムに文字数を表示!
 

目的別最適な心拍数(運動強度)判定ツール!最大心拍数も推定できますよ!

ランニングでトレーニングするときには、心拍数で管理することがとても重要です!何故ならば、目的別で最適な心拍数(運動強度)が違うからです。この最適な心拍数を示すのが下記の運動強度という値です。
(詳しくはこちらのページで解説しております)

 運動強度(%) = (その運動での心拍数 - 安静時心拍数 ) × 100 ÷ (最大心拍数 - 安静時心拍数)

このように運動強度というのは、最大の心拍数と安静時心拍数(最小心拍数)で計算できます。そして、この運動強度はゾーンごとに下記の目的に適しているといわれています。 *エプソンさんの心拍数トレーニング解説ページより引用

 90-100%:瞬発力・運動能力向上
80~89%:筋力・基礎代謝量向上
70~79%:持久力向上
60~69%:脂肪燃焼・体重減量
~59%:ウォーミングアップ

続きを読む


体型(BMI)偏差値判定ツール!上位何%か判定し、グラフ化します!

体型(BMI)の自分の位置を知ろう!

 皆さんはBMIを活用していますか?BMIは非常に便利な数字です。体重の重さだけでは太っているのか、否かはわかりません。身長によって、太っているかどうかは違うからです。

 その基準を合わせてくれるのがこのBMI値であり、この計算式は下記のようになります。

BMI 体重(kg)
身長(m) × 身長(m)

 これが体型がやせ型か太り気味かを表す数値です。この数値は便利なのですが、一般的な健康診断だと、18.5から痩せ気味で、23.5からは太り気味とか、かなり大まかな判定しかされません。

 大概の人はこの普通の区間に入っているので、自分がどのくらい痩せているのかよくわからないです。

 そこで、厚労省の全国的な調査の値を取り入れてツール化しました!このツールでは自分がどのぐらい痩せていて、上位何%に位置しているのか、また偏差値がどのくらいかを判定します!(もちろん痩せている方が偏差値が高く、男女別で判定しています)

続きを読む


カロリーカウンターツール!簡単に1日のカロリーをカウントしてみよう!

webで使えるシンプルなカロリーカウンターツール!です!

 簡易的なツールですが、便利に使えると思いましたので、パパッとこちらも作ってみました!シンプルに1日のカロリーをカウントしやすいように特化させたカロリーカウンターです!スマホでも、PCでも変わりなく使えますので、どこでも利用可能です!また、ブラウザを閉じても値を覚えていますので、長期間を通して使用することも可能です!もちろんリセットも可能ですよ!

  • 端末内に値を記憶しているため、端末が変わると値も変わります。ご注意下さい。

 ボタンは+100/+10/+1と各種値ごとに用意されており、それを押すごとにカロリーがカウントされていきます!354kcalならば、+100を3回、+10を5回と押していく事になります。食べた食べ物のカロリーを数字で入力する方法(354kcalと直接入力)もありなのですが、自分の経験上、このようなシンプルな方法のほうがやりやすかったので、ツール化してみました!一応、+500/+50/+5ボタンもありますが、基本的には+100/+10/+1だけを使ってシンプルにカウントしていくことをお勧めします!

 また、カロリーカウントするコツは「ストレスにならない範囲で大まかにカロリーをとらえる」ことです!なので、正直、自分としては「+100」と「+10」の2つのボタンだけを使ってカロリーカウントをすることお勧めします!

続きを読む


身長偏差値判定ツール!年齢を考慮した身長偏差値が判定可能!

BMI偏差値判定ツールに合わせて、身長偏差値判定ツールを作ってみました!

 以前、ランナーにとって重要な身体測定項目であるBMIを偏差値ツールを作りました。これに合わせて、せっかくなので身長を偏差値判定するツールをつくってみました。身長は年齢によっても、大きく変化する項目であるため、その年齢による平均値を考慮した判定結果を出力できるようにしています!

 文部科学省 体力・運動能力調査の結果を用いており、かなり母数が多い調査の結果みたいなので、かなり信頼できるかと思います!皆さん、自分の身長が全体と比べてどの程度の位置にあるのか気になると思いますので、是非このツールで確認してみてください!

データ引用:文部科学省 体力・運動能力調査
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa04/tairyoku/1261241.htm

baddc5340038bf4ec05b2eea7feb76dc_s.jpg

続きを読む


全必要栄養素計算ツール!三大栄養素から細かなビタミン/ミネラルまで厚生労働省「日本人の食事摂取基準」に従い詳細に計算します!

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に完全に準拠して、必要な栄養素を正確に計算するツールです。

皆さん、1日に必要な栄養素の推奨値などはご存知ですか?栄養素はビタミンAや鉄など様々なものがるのはご存知だと思います。しかし、どれぐらい摂取すれば良いかはご存知ないかと思います。これについては、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」で事細かく必要量などが記載されています。しかし、栄養素それぞれで表がわかれていたり、計算/変換が必要であったりでわかりにくいです。そこで、本ツールでは年齢や性別など少しの入力項目で、その日本人の食事摂取基準に従って、必要な栄養素を算出して表として一覧で出力します!

また、この「日本人の食事摂取基準」にはタンパク質、脂質、炭水化物の推奨値として「総摂取エネルギー中に占める割合量」の基準値が書かれており、そのままでは必要なグラム量が計算できないようになっています。そこで、本ツールでは1日に必要エネルギー量(kcal)をベースにして計算します。下記の式をもとに、タンパク質、脂質、炭水化物として必要なグラム量を逆算して出力します!

エネルギー量(kcal) 炭水化物(g) × 4 + 脂質(g) × 9 + たんぱく質 × 4

 基本的に上記の必要カロリー比率⇒栄養素グラム変換以外は余計なことはせずに厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に完全に従って、栄養素の項目を出力しています。ですので、独自用語的な部分があり、少しわかりにくい部分がありますがご了承ください。このページでも用語解説していますが、詳細は「日本人の食事摂取基準」をご確認願います。

続きを読む